【筋トレやり過ぎ注意!サボる・休む事の重要性、勤勉タイプ別4選】

休養

【最終更新24/5/26 記事の修正・追記】

最近のコメント

    サボるべき日本人

    「サボる」、言葉的にあまりいい言葉ではないのと同時に、勤勉な日本人には合ってない響きかもしれません。

    しかし、最近の日本人にはサボる=休むが足りてないのでは?と思う今日この頃‥‥

    今回はサボる=休む事の重要性を改めて深く追求して筋肉をもっと効率よく大きくしていきましょう!

    今回の記事で学べるのは

    • 真面目な人ほど筋トレに向いている
    • 勤勉な人のメリット・デメリット
    • 休む・サボる大切さ

    【10分以内で読むことが出来ます】

    勤勉とは?

    勤勉とは、仕事や勉強や物事などに一生懸命に励むことやその様子を指します。真面目な人ほど勤勉な人が多いです。

    勤勉=真面目でサボれない

    実はサボれない気質は日本人特有の文化(?)ではありますが、そこで色濃く出てしまっているのが実は仕事。

    日本人は勤勉で、労働力は超一流といわれています。しかし、良い意味でも悪い意味でも日本人はよく働きサボらないんです。

    多くの人が与えられた仕事や物事に対して真面目に取り組みこなすのは良いことですが、真面目にやり過ぎてしまい、日常化してしまうとどこで手を抜いて良いのか分からなくなってしまっているんです。

    メリットも多いけどデメリットも多い

    勤勉なメリット
    • 真面目でしっかり取り組む
    • 努力家
    • 周囲からの信頼がある
    • 責任感が強い
    勤勉なデメリット
    • なんでも引き受けてしまう
    • 無理をしてしまう
    • 要領よく出来ない
    • 妥協点が少ない

    一見良さそうに見えますが、案外臨機応変に対応が出来ません。そのせいで無理をしてしまう人が多いのも特徴です。

    <span class="bold">leo(筆者)</span>
    leo(筆者)

    筆者も結構勤勉タイプ。

    あなたはいくつ当てはまりましたか?

    arboleaf ガン 筋膜リリースガン MINI 5段階振動強力振動 自動モード付き 筋膜ガン 筋肉リラック ハンディガン 全身リフレッシュ道具 Type-C充電式 2000mAh*2大容量(8時間以上連続使用) 370g小型ミニ 最速3000回/分 静音 軽量 携帯便利 4個ヘッド付属 収納袋&日本語取扱説明書付き プレゼント最適 一年保証
    【ワンタッチで操作簡単&4段階振動レベル調節可能】ハンドルの下部にボタンが1つだけ装備されており、すべての操作をワンボタンで簡単に制御できます。1500~3000回/毎分の振動強度調整機能を搭載し、お好みによって振動強度を調整可能です。

    勤勉(真面目)な人は筋トレに向いてない?

    では、日本人には勤勉な人が多いですが、勤勉な人は筋トレに向かないのでしょうか?

    ズバリそんなことはないと思います。

    むしろその逆で、真面目な人ほど筋トレには向いてると言われていて、実際に東大などの大学にバーベルクラブやボディビル同好会など多いですよね?計画にコツコツやる人は自分の成果が現れやすい筋トレは勉強と似ていてやりがいがある取り組みの1つになります。

    弱点

    真面目で勤勉な人は筋トレに向いていると言うことは分かりましたが、大きな弱点があります。

    それは今回の題材である休みやサボる事が出来ない人もしくは苦手な人が多いというものです。

    これは本人が意識してない人が多いのですが、休めないというよりは、休むことやサボることに対して不安や罪悪感があるからです。

    不安や罪悪感

    真面目にコツコツやる人や知識が浅い人(初心者)などが陥りやすい現象になりますが、やればやるほど筋肉が成長すると勘違いしてる人が本当に多いと思います。

    <span class="bold">leo(筆者)</span>
    leo(筆者)

    筆者もまさにこれでした。だって、やらないと筋肉がなくなってしまう気がしたんです!!

    こういう時こそ、超回復を意識してみてください。【筋肉は休んでいるときに大きくなる】、真面目にコツコツやる人こそ、これをもっと意識して欲しいです。

    ▼超回復についての詳しいリンクは下記から▼

    休む・サボるを意識してみる

    では、先程の勤勉のデメリットを確認しながら、筋トレに置き換えて休むべき(サボるべき)ポイントを探っていきましょう。

    L-グルタミン グルテンフリー 510000mg ハルクファクター 510g 低臭製法 パウダー
    グルタミンはタンパク質を構成する「L-アミノ酸」の中の一つで、「非必須アミノ酸」に分類されます。サプリメントでしっかり補給することで日々のコンディションを整えてくれます。ハルクファクター グルタミンは純度「100%」のピュアフリーフォームパウダーです。

    なんでも引き受けてしまうタイプ

    何でも引き受けて断れないタイプの人は、筋トレではあれもこれも手をつけてしまうタイプかもしれません。

    ネットの情報で良い筋トレがあったら試したりしていませんか?確かに刺激が変わって筋肉が大きくなってる感じはあるかもしれませんが、大きくなってる感じがするだけで実際はそこまで変化はありません。

    むしろ色々やり過ぎてしまうと結果がついてこなくなり、フォームもやり方もぎこちないので疲労やケガの原因になります。

    まずは基本的なことから自分に合った種目と重さ・セット数を、やり過ぎないように調整しましょう

    無理をしてしまうタイプ

    まさにやり過ぎてしまうタイプの人。

    筋トレは疲れていてもやり終わるとスッキリした感覚や興奮作用のアドレナリンが出るため疲れを忘れてしまう場合があります。一種の麻痺のようなもの。

    やり過ぎてるとオーバーワーク状態になり、気分が乗らない・重さやレップ数が増えない(むしろ減る)などの危険信号が出るため、そこまでいくとしばらくの休養が必要になってしまいます。

    要領よく出来ないタイプ

    常に同じ重さ・セット数・レップ数で行ったり、一度決めたメニューは全く変えないなど最初こそ良いのですが、ずっとだと成長するものも出来ません。

    更に決められた日や曜日にやらないと気が済まないので、疲れていても筋トレをしてしまうでしょう。

    こういうタイプの人は、休むべきパターンも計画にしっかりと入れる必要があります。また、イレギュラーな休みになってしまうとイライラしてしまうため、急な休みになってしまったパターンも考えておきましょう。

    妥協点が少ないタイプ

    筋トレをする上で、あと一回は筋肥大を促す上ではとても大事な事です。

    しかし、毎回毎回追い込んでいたら体はどうなるでしょうか?自分が壊れて悲鳴があがるまで気づかないなんて事も。

    妥協点がなかなか定まらない人は、思いきって種目かセット数を減らしてみましょう。毎回追い込んでしまうのが悩みならば、回復が追い付けるようにすればいいのです。

    VALX(バルクス )グルタミンパウダー by 山本義徳 200g L-グルタミン100%使用
    メジャーリーガー多数指導のトレーナー界のレジェンド!山本義徳完全プロデュースのVALXが送るグルタミンパウダー。 トレーニング後に不足しがちなアミノ酸「グルタミン」。 【VALX グルタミンパウダー】は、安全性と飲みやすさを追求したトレーニーのためのサプリメントです。トレーニング後のリカバリーに最適です。

    まとめ・今回の学び

    今回お伝えしたかったのは、しっかりと筋トレを行ってる前提として、休むときは休む!サボるときはサボる!と、少し気を抜いて疲れてる自分の気持ちに正直になって欲しいと思います。

    大丈夫です。しっかりやっていれば多少休んでも筋肉は減りません。むしろ休んでるときに大きくなり、次のパフォーマンスがあがることもありますよ。

    【今回の学び】

    真面目な人は筋肉を増やすのに向いてますが、休むのには向いてません。毎回お伝えしてますが【休むこともトレーニング】これを忘れずに計画に入れるようにしてください。きっと良い結果に繋がります。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました